Posted in バリスタブログ!

ネルドリップは何故少ない?

新橋で最近出来た テイクアウト専門の珈琲屋さん うりは、アイスコーヒーがネルドリップで淹れてます。

DSCN1702

でも、街中で中々ネルドリップってみかけませんよね。 何故なんだろうと考えた事はありませんか?

 

ハンドドリップで抽出する際、どの器具が一番美味しく抽出出来るかだと、多分ネルが一番美味しく抽出できると思います。

なのに、 コーヒー屋がペーパーを使用するのは、手入れが簡単だからだという理由が大きいです。使用後はゴミ箱にポイで終了ですから、楽ですよね。

反対にネルはどうでしょう?

新しく使い始める前は、 水洗いで洗濯ノリをとりコーヒーかすと一緒に煮ます。

其の後、よく水洗いしてもらうと使用が出来ます。 使用前も、 一度煮沸した物をよく冷やしてから使用が好ましいです。

使用後も よく水洗いをして、三回煮沸しすぐに急冷。

水につけたままで密封して冷蔵庫で保管になります。

要は、 綺麗な状態で尚且つ菌を付けないに徹しなければなりません。 ネルは凄くカビが生えやすいんです。

カビもわかりづらく生えます。 コーヒーの染みなのか、かびなのかわかりにくいため、 チェーン店等ではカビが生えたまま使用してる店舗もちらほらあります。

また、 ネルももちろん消耗品ですので、へたってきたりボロボロになったり、穴があいたりしたら交換です。

ネルは、意外にお値段も高いのでそれを踏まえるとペーパーの方が気が楽になります。

ですので、 有る意味、古くからやってる喫茶店のネルドリップは凄いんです。

これだけの手間暇をかけてますから、高くても仕方無いんです。

そんな事を考えながら、飲む珈琲もかなり乙なもんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA