Posted in バリスタのひとり言

新橋の珈琲屋さんって、どうなの?

新橋に来て、3ヶ月になろうとしてます。

やっと、やりたかったお店になりつつあります。

どうしても、夜が別のお店に変わる為早く店をしめきゃいけないのがつらいです。

終わった後は、たまに市場調査ということで、近くの珈琲屋さんにいきます。

最近は新橋でもうちの店のように、コーヒー豆にこだわるお店がだんだん増えてきました。

お客さまに選択肢が増えるので、ライバルが増えるのはいいことです。

…となると。

チェーン店や老舗のお店はどうなの?となりますよね?

うちのビルの中にも、いくつか昔ながらの喫茶店が数店あります。

高級喫茶店が2つあります。

昔ながらの喫茶店は、サラリーマンがタバコくえて談笑している光景がよくみられます。

珈琲は、昔ながらの淹れ方でなんか懐かしい味がしますね!

高級喫茶は、サイフォンでいれていて、焙煎5日目のを使用との事。
普通に過ぎたら捨てるのかなあ?と疑問をもちましたがそっとしておきましょう!

もうひとつのは、論外。ただ高いだけでした。
豆も味から見るとかなり古い様子。残念!

…と、新橋も色々な店があります。

意外にうちの店みたいに隠れた所にいい店があります。なんてね(笑)

Posted in バリスタのひとり言

ハンドドリップコーヒーin新橋

本日も僕のハンドドリップを求めて来てくれたお客様がいました。

よくよく考えると、新橋でハンドドリップでこだわった
珈琲豆をつかってやってるお店ってほとんどないんですよね。

今は人件費削減の為、高級喫茶とか宣伝しているお店でも機械を入れていたりします。
機械も悪くはないんですが、設定をこまめに変えないと、美味しいのを常に提供出来ないんですよね。
それをわかって機械置いてる店はほとんどないです。

うちの店がハンドドリップにこだわるのはそこなんです。
やはり当店にお越し頂くお客様には、美味い珈琲を飲ませたいですから、時間かかってもハンドドリップにこだわります。

ハンドドリップなら、豆に合わせて抽出もその都度調整出来るので、ある意味効率がいいです。
どんな珈琲豆でもベストを目指して美味しい珈琲を一杯入魂です。