Posted in バリスタのひとり言

抽出技術の必要性!

ゲイシャがチェーン店に登場

最近、チェーン店でゲイシャ種の珈琲をよく見るようになりましたね。

そもそもゲイシャ種とは、エチオピアを起源とする非常に珍しい野生品種です。
まるで花や香水のような豊かな香りが特徴の品種で、他の品種に比べて品種の違いによる明確な味わいや風味の違いを感じていただけます。

ただ、繊細な品種なだけに抽出が難しいのも事実です。

先日、イベントでゲイシャを用意しました。保温できるコーヒーポットに入れて用意しときましたが、飲みきれず余ってたものを終了後のみましたが、一口で吐き出してしまいました。
入れてすぐは素晴らしい味でしたが、保温しとくと酷い味になるみたいです。

また、ゲイシャ種は抽出温度でかなり味が変わります。これも難しいといわれる所です。
チェーン店で広まるのは嬉しいですが、間違った味の記憶がおこる可能性のリスクが上がるのが、こわい所です。
当店は、現在パナマとコスタリカのゲイシャ種を置いています。どちらも個性があって好きです。

抽出技術には、自信があります。

よかったら、新橋まで足をお運び下さい。

IMG_5628.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA